1. TOP
  2. おすすめのお店
  3. 秋葉原・神田のおすすめ担々麺 「雲林坊」

秋葉原・神田のおすすめ担々麺 「雲林坊」

前回は長々と前提を語ったところで、今回からはさっさとお店の紹介をします。

まとめて紹介すると検索性が落ちるので、1店舗ずつ紹介しますね。ただ、周辺知識、というか周辺の店で一つ個別にトピックを立てるまでもないけど、紹介したい店がある場合は、入れ込んでしまうかもしれません。

内容は簡潔を心がけますが、こういうグルメガイド的な記事を書く際は、結局何を頼むべきなのか、値段、待ち時間はどれくらいなのか、を書いておかないと、実際に出向く際に不便でしょうから、その辺のロジは書いておきますね。

ちなみに、ロケーションは僕が働いてるのが東側ということもあり、東側が多いです。ランチも割と外に出て、少し遠征することもありますので、駅はバラバラですね。

ロケーション、ジャンル共にタグ付けしておくので、どちらでも辿れるようにしておきます。

では始めます。

雲林坊 神田、秋葉原

超有名店ですね、雲林坊の汁なし担々麺です。

昨今の担々麺ブームにより存在感は幾分か薄れましたが、未だ人気で行列店です。

雲林という秋葉原の藪そばの近くにある中華料理店から担々麺、麻婆豆腐だけスピンアウトして作られたのが雲林坊のようです。

雲林には僕は一度も行ったことはないのですが、僕の友人は混んでるけど美味しい、と言っていました。

さて、雲林坊ですが、秋葉原駅から歩ける、秋葉原店がよく知られていますが、実は神田の裏通りにも支店(正式には日本橋室町店ですが、神田駅からの方が近いです)があります。

ちなみに、僕は割と秋葉原が好きでよく行くのですが、この雲林のはす向かいに、物凄く中国ローカル食漂う中華料理屋があります。

地下にある店なのですが、貴陽楼といいます。

メインは四川料理なのですが、メニューを見ると見たこともないような料理が並んでいて、適当に選んで食べたら味は本場で美味しかったですね。

ただ、ハズレもありますので、その辺りは運です。3回くらい行きましたが、鳥とニンニクの芽、唐辛子を炒めたもの、とか、日本人好みにカスタマイズされてなくて美味しかったです。さらに値段もめちゃくちゃに安いですね。食べて飲んでも1人3000円いかないくらい。下手すると2000円くらいで料理2、3品とビール2、3杯飲めちゃいます。

サービスはアジア風で、話かけないと基本放置されますが、僕はそれほど気にならなかったです。言葉は中国語が飛び交ってます。

食べログの評価は低いですが、行ってみる価値はあります。但し、食べログなりをみて、メニューから失敗しないものを選んでください笑。

さて、話を戻して、雲林坊ですが、秋葉原より日本橋室町店のほうが空いていて、僕はそちらによく行きますね。

日本橋室町店だと開店時間に到着すればそれほど並ぶことはないです。秋葉原店は、基本常に混んでますね。開店時間に行っても既に人が並んでたりします。

ここは、汁ありと、汁なし、があってどちらも千円前後なのですが、どちらも美味しいです。上の写真は汁なしの方ですが、からさ、しびれ、共にバランスが良く特にナッツの香ばしさ、食感がアクセントとして効いていてペロリと平らげられます。僕は追い飯(麺を食べたあと残った汁に白飯を絡ませて食べること)は普段はしないのですが、ここに来た時はお腹に余裕がある時はしちゃいますね。

確か、ランチだとライスが無料でついてきます。

汁ありの方はというと、白ごまの風味が強く効いていて、こちらも美味です。追い飯は汁ありの方があうかもしれません。

その他に麻婆豆腐もありまして、それも標準以上の美味しさです。

トッピングをどうするかは好みですが、個人的にはデフォルトでも十分だと思います。

並ぶのを避けるためには時間は選ばないと行けませんが、秋葉原店、日本橋室町店、ともに歩いて15分かからないくらいなので、アキバが混んでいたら日本橋室町店へ、というシフトも可能です。

雲林坊 秋葉原店

雲林坊 日本橋室町店